ナッツでインドの暑いなっつを乗り切ろう!

何となく、物の値段が安いイメージを持っていたインドですが、ある程度生活して思ったことは、必ずしもそんなことないなぁということです。

特に家電大好きっ子の私にとって、インドはあまり良い国ではありません・・・。同一スペックあたりの値段は、基本的に日本より高いです(スマホ、テレビ、PC、etc)。もちろん、ロースペックの安い製品は売られていますが、やっぱり買おうとは思わないので・・・。

あと、これは日本も同じですが、食事に払う金額もピンからキリまでという感じです。

お酒も込みの値段ですが、日本からの出張者をちゃんとしたレストランへ連れて行こうとすると、ひとり4〜5,000円かかることもザラですし、役員なんかがきて「外出るの面倒だからホテルで食べるぞ−、ワインもどんどん頼むぞー」なんてことになるとひとり1万円を軽く超えてしまって悲しくなることも。。。

ただ、インド料理は高級な所へ行っても味が変わらないので(自分の感想ですが)、仕方なくそこへ行かなければならないとき以外は、コスパの良いレストランに連れて行くようにしています(お酒込みでひとり1,000〜1,500円くらい)。地方出張なんかの時は、とっても美味しいのにお酒込みで1人500円以下ということもあって、出張者がとても喜びます。

突き詰めると、30円のカレーとか、約10円あれば家族1日の食事が賄えるとか、奥深い世界が広がっているようなのですが、なかなか検証は難しいものがあります。

・・・と、家電や外食は思ったより高いなぁという感じですが、食材は安い!
最近はインフレの影響で食材の価格が上がっていることが問題になっていますが、日本人にとっては安いなぁと感じます。タマネギ1kg70円、マンゴー1kg180円、などなどなど・・・。

最近は、知り合いのインド人マダムの影響で、ナッツ類をよく買うようになりました。アホみたいに暑いのでどうも身体が疲れているのですが、ナッツ類は身体を元気にするので食べたら良いよとアドバイスをもらったのでした。

特に好んで買っているのはカシューナッツ、白くて質の良いものが、100g100円を切るくらいの値段で売っています。西インドはカシューナッツの名産地なんですよね。知らなかった・・・。

そのまま食べてもほんのり甘くて美味しいのですが、最近は一手間掛けて、キツネ色になるまでフライパンで煎ってから軽く塩とブラックペッパーを振り、最後に風味付けでチャートマサラをかけて食べる というのをやってます。ビールに合うんですよ・・・。

材料:カシューナッツ、オリーブオイル、塩、ブラックペッパー、チャートマサラ
材料:カシューナッツ、オリーブオイル、塩、ブラックペッパー、チャートマサラ
すぐ完成。ビールにあ〜う〜。
すぐ完成。ビールにあ〜う〜。

ただ、カシューだけだとバランスが悪いので、最近やアーモンドやウォールナッツなんかも混ぜて、ポリポリ食べてます。先ほどのインド人マダムはナッツにflax seedとか色々加えて、自家製オートミールを作ってました。これがまた激ウマで、しかも相当身体に良いらしいので、今度作り方を習おうと思ってます。

会社をクビになったら喫茶店をひらきたいんですが、取り敢えずこのインド風炒りカシューとオートミール(会得したら)は、メニューに並べようかなと思ってます。


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)