30

ちょっと前の話ですが、とうとう30になりました。

孔子は15で学問を志し、30にして立つというようなことを仰っていました。

かつて、「15年もありゃ、そのくらいになるっしょ」と思ったこともありますが、30になって思うのは、15年ってあっという間だったなぁということ。学問で自立できるようになるなんて、とんでもないです。

社会人になってもある程度学問の時間を確保しようと、「1日●時間!」といった目標を立てたのですが、手帳を見ると先月は月で一桁台の勉強時間しか確保できておらず、笑ってしまいました。

最近は家に帰ってくると、どうも眠気に負けてしまいます。リンタロを寝かしつけに行くときなどは、だいたいリンタロよりも早く寝てしまいます。30にしてますます寝てどうするんだ!という感じです┐('ー`;)┌

学問の前に、まずは体力強化を ということで、「歩け歩け運動」を開始しておりまして、これが先日の万歩計の購入に繋がっていたりします。人生なんでも繋がっているんですね~。

ところで我が家ではFRINGEが流行っておりまして、いわゆる「学問」の時間を削るもう一つの要因になっていたりします(笑)

相変わらず流されやすい自分が、Warner Bros.のマーケティング戦略に踊らされて、FRINGEのBlu-ray版vol.1を買ってしまったのが全てのはじまりでした。。。第1話だけが激安で、続きはBOX(2話~20話まで)を買いましょう!という、「週間 ○○の世界」でおなじみのデアゴスティーニ方式マーケティングなんですよね。第1話を見終えたあと、うっかりBlu-rayのBOXをamazonで購入しそうでした(^^;) 今はTSUTAYA様のお世話になっております。

やや展開がグロですが(リンタロが起きているときはできるだけ見ないようにしています)、各話の最後は必ず次回が気になるような幕引きの仕方をするので、続きが気になって困ってしまいます。そのくせ、次の回では、前回のラストの意味深なシーンとは関係無しん(3回韻を踏みました)で、我々を置いてけぼりのまま話が進んでしまうため、モヤモヤするのですが・・・。でも、そんなモヤモヤを抱えつつ、なんだかんだでvol.5まできてしまいました。

「超常現象のトリックを科学的に実証していく」というのが基本ストーリーで、しかもその実証は説得力があると絶賛されているのですが(ネットでは)、たまに「え~っ」て思う時もあります。今日も、どうやって入り込んだのかは知りませんが、心臓にドラクエで出てきそうなムカデがくっついていて、ビックリしつつ、CGっぽすぎてちょっとガクッとなりました(笑) とはいえ、偉そうなことを書きつつも、なんちゃって理系の自分には、とっても面白いです。

あらら、誕生日の話だったのにほとんどFRINGEの話になってしまった。

久しぶりに書くと、内容がごちゃごちゃしてダメですね(^^;)

ケーキとFRINGE


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)