ジャイプール旅行 インド滞在史上もっとも奥さまウケの良かった街

ジャイプール(Jaipur)は、デリーから西にあるラジャスタン州の州都です。
街は旧市街地と新市街地とで分かれており、旧市街地は計10kmにもおよぶピンク色の城壁で囲まれていることから、ジャイプールは別名ピンクシティと呼ばれています。城壁だけではなく、お店などの建物もピンク色です(実際はくすんだ赤?)。

ピンクシティの一角にあるHawa Mahal(別名「風の宮殿」)

ピンクシティの一角にあるHawa Mahal(別名「風の宮殿」)

pink city

街のようす。

そんなユニークな街、ジャイプールですが、個人的には奥さまのショッピングの街というイメージです。。。というのもジャイプールには伝統工芸が色々あり、宝石、ブロックプリントのテキスタイル、青陶器などなど、確かにどれも魅力的だし、見ていて楽しい。日本人が好きそうな、可愛い小物のお店までありました(そしてどこにいってもarucoが置いてありました)。

Blue pottery_2015

ジャイプールは青陶器(Blue Pottery)が有名。青くないやつもかわいげなのが色々ありました。
写真は今回買ったもので、手前のマグカップはわずか100ルピー(200円)。

アンベール城(昔のマハラジャのお宅)やジャンタルマンタル(ジャイプールにあるインド最大級の天文台)といった世界遺産があったり、現在もマハラジャが住むお宅を外から眺めることが出来たりと、他にも見所はあるのですが、これらを訪問している時と買い物をしているときの家族のやる気度合いの違い、ギャップの激しさと言ったら・・・。嫁さんは、「ジャイプールはまた来たい!(ただし買い物)」と、インドのどの観光地に行っても言わなかった台詞を言っていました。

ちなみに、日本人がたくさん訪れるからか、観光地や繁華街には日本語を話す怪しいインド人が多かったです。「ラーメン・つけ麺・俺イケメン、ちょっとお話聞いて〜」と懐かしのネタを言ってくる人や、「なまむぎ、なまゴミ、なま・・・(聞き取れず)、アナタニホンジンデスカ〜?」などと原形をとどめていないアプローチをしてくる人まで、みなさん一芸を挟んでくる感じでした。中でも「なまむぎ〜」の率が高かった感じです(デリーでは聞いたことが無い)。そしてみんな「なまごめ」ではなく「なまゴミ」と言ってました。

ショッピング以外で楽しかったのが「Anokhi Museum」。
元々、Anokhiの服は、柄が強すぎてちょっと・・・という印象だったのですが、ミュージアムでの実演を間近で見学することで、ブロックプリントで布地を作っていく過程の職人の素晴らしい技術に感動し、以前より愛着がわいてしまいました。市内のAnokhi本店で色々買ってしまったのは言うまでもありません。。。

block print

ブロックプリントの版。例えば右下の黄色のプリントは、4種類のスタンプを押すことで完成する。

block print

スタンプは手作業で作られています。

block print

非常に細かいパターンを手作業で作っていました。職人技。

block print

こちらはプリンティング。スタンプを押す行程は体験させてもらえます。

block print

花の部分をプリンティング。素早い動きなのに、ずれない。職人技。

block print

あっという間に完成。このハンカチ?は記念にいただきました。

block print

実際の商品はこんな感じ。昔は「派手だなぁ」と思って買おうという気にならなかったのですが、最近心変わり。

ちなみに私は、男子なら憧れの?ダマスカス鋼ナイフ(ただしチーズナイフ)と、謎の砂漠ミュージックを買って帰りました。。。

Damascus

「この波紋が美しいよね」と嫁さんに言ってみるも、もちろん興味なし。ちなみにチーズナイフではなく、ペーパーカッターとして使ってます。

ということで奥さま大満足のジャイプールツアー、子供の感想を聞いてみると、「ホテルのお風呂で遊んだのが一番楽しかった!!」そうです。そうか、我が家にはバスタブが無いもんね、ごめんよ(笑)


URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. posted by ちょいとかえてみました

    久しぶりに拝見しました。ピンクシティ。興味津々です。
    ダマスカス鋼ナイフの切れ味はどうですか?やっぱり研ぎは日本ですかね。

    • いつもありがとうございます〜。
      最近全く更新しておらずですみません。先日電材部に行ったときに指摘を受けました(笑)

      ダマスカス鋼ではあるものの、所詮チーズナイフなので・・・。ホント無駄遣いですよね(結構高かったんです)。
      日本人の鍛治屋に持って行ったらホンマもんの切れ味になるかもしれないですね。そういう知り合いがいなくて残念ですが・・・。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)