インド 列車旅

仕事でインド東部、オディッシャ州の森の方へ行ってきました。
デリーから飛行機で約2時間、ランチという都市に到着し、そこから電車で約4時間。
ただ、接続が悪いので、電車が発車するまで4時間くらい待ちましたが・・・。やはり田舎の方まで行こうとすると、実質移動だけで1日が終わってしまいます。
とは言え、普段なかなか列車に乗ることがないので、かなり興奮しました(笑)

ランチ(Ranchi)駅の様子。駅は浮浪者でも誰でも入れるので、結構物乞いが凄い(経験者に言わせると昔はもっともっとすごかったらしい)。

ランチ(Ranchi)駅の様子。駅は浮浪者でも誰でも入れるので、結構物乞いが凄い(経験者に言わせると昔はもっともっとすごかったらしい)。

駅のホーム。ちなみにホームも誰でも入れるっぽい。

駅のホーム。ちなみにホームも誰でも入れるっぽい。

チケットは事前に予約していましたが、席が決まるのは当日。誰がどこの席なのかは、電車に貼り付けられています。

チケットは事前に予約していましたが、席が決まるのは当日。誰がどこの席なのかは、電車に貼り付けられています。家族連れでもバラバラに配席されてしまうことがあるとか。

今回は一番良い席(1A: first class)に乗りました。1Aは完全個室で、エアコン付き。このように書くと豪華そうですが、4時間の旅で1人1,500円くらいです。

First Classと言っても・・・こんな感じですが。

First Classと言っても・・・こんな感じですが。

でもリラックスして楽しく過ごしました。汚れすぎた窓から外の景色が見られないのがつらい・・・。

でもリラックスして楽しく過ごしました。汚れすぎた窓から外の景色が見られないのがつらい・・・。

年季の入った設備(20年〜30年ものの列車とのこと)

年季の入った設備(20年〜30年ものの列車とのこと)

私が乗った列車には、他にもエアコン付きの向かい合わせ2段ベット席(通路とはカーテンで遮断)の2Aクラス、同じくエアコン付きの向かい合わせ3段別途席(こちらもカーテン遮断)3Aクラス、単にベンチシートが並んでいるだけ(エアコン無し)のスリーパークラスなどがあります。スリーパークラスはものすごく混雑しており、車両上部の手荷物置き場は安心して寝られるので?人気席とか。ただ、スリーパー席は低料金しか払えない人が大量に乗り込んでいることから、安全面や衛生面上の懸念があり、外国人には全く推奨されません。外国人は、最低でも2Aか3Aに乗るようにと言われます。

上位クラスが推奨される理由の一つに、トイレの問題もあります。
とにかく、下位クラスのトイレはものすごく汚い。この列車での話ではありませんが、インドでは汚いトイレは本当に汚いんです。多分想像を超えると思います(私もひっくり返りそうになったことが)。
その点、例えばFirst Classの車両は、この車両に乗っている人専用のトイレになっており、キレイです。

インド式トイレ。排泄物が穴を通ってレールの上へ・・・(First classには普通の洋式トイレもありました)

インド式トイレ。排泄物が穴を通ってレールの上へ・・・(First classには普通の洋式トイレもありました)

あと、インドの列車で興味深いのが、非常用停車装置をみんなが気軽に引っ張っていたこと。なので、駅から発車しても、何度かベルが鳴って、なかなか列車がスピードアップしない(笑)多分乗り遅れそうな人が引っ張っているのかもしれません。この辺のゆるやかな感じも、インドならではということで。

非常停止装置。一応、個人的な利用に対しては罰金を取るということになっているようですが・・・。

非常停止装置。一応、個人的な利用に対しては罰金を取るということになっているようですが・・・。

(次回はインド列車の車窓から)


URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. posted by ちょいとかえてみました

    日本のトイレも、時々、自分の想像を超えますが、インドの想像超えは次元が違うのでしょうね。あんまり想像したくないなぁ。

    • なんか汚い話になってしまいますが、アレが便器から溢れて山のようになっていて、便器回りにまで崩れてきているような、そんなイメージです。詰まって流れていないということなんだと思うんですが、どうしてみんな別のトイレへ行かず更に山を重ねようとするのか、不思議です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)