はいじん

エレベーターの表示を読み上げられるようになったり、英語でlittle bitと言ったりと成長著しい我が子に対して、父は5分前に思ったことが、既に話した内容か、心で思っただけのことかが判別できないくらい脳みそが劣化し、曖昧な世界を生きています。

そんなこともあり、頭の体操をしなきゃ!と、突然俳句が自分の中で流行りはじめました。
NHKのテレビ俳句(日曜朝)を突然見始め、その緩い雰囲気に惹かれています。

来月までのお題は「流星」とのこと。廃人から俳人へ脱却するために、流星で一句考えたいところですが、

「流星ってどんなだっけ?」
「ほら、獅子座流星群とかの・・・」
「流星って季語なの?」
「夏の季語なんじゃね」

という程度の会話をしている家庭なので、名作は生まれないかもしれません。

※ちなみに、「流星」「流れ星」は秋の季語のようです。

 

うちの子供の最近の流行は、お椀をもって「かっこむ」ことのようです。

昨日もラーメン屋でサービスでもらった杏仁豆腐を「かっこんで」いましたが、使用シーンを間違えているような気がします。

Kakkomi


URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. お子様大きくなったんだね~いまだによしひろがパパと信じられん(笑)

  2. 昔からの知り合いの人ほどそう言うのだよね…
    オラもマトモになったってことだーねー(笑)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)