脱・力

TSUTAYAから借りてきた「MIST」という映画がすごい!という話です。
パッケージにミステリーと書いているけど、パニック系&グロ気持ち悪い系の方がしっくりきます。
スティーブン・キング×フランク・ダラボンという、ショーシャンクやグリーンマイルを生み出したコンビです。が、ショーシャンクのような感動は一切ありません。違った意味で衝撃を受けた映画ではありますが(笑)
話は、ある日霧がモクモク出てきて、霧の中に何かいるらしいぞ、どうしよう?的な話なのですが、霧の中の”何か”よりも、出てくる人がみんなバカばっかりだということの方が印象深いです。映画を観れば、皆さんもきっと「こいつダメなやつだなぁ」と思う人が何人かいるに違いないと断言できます。ダメな人たちが周囲の異常な状況も手伝ってどんどんダメになっていきます(^^;)
詳しい内容はもちろん伏せますが、この映画はラスト15分を売りにしているだけあってラストがひどい!すごい!
このところ、ジャンパーやクローバーフィールド等、最後に脱力するDVDを結構掴んでいるのですが、MISTはそれらを遙かに凌駕しましたよ。2時間後の色んな意味での脱力感、ガッカリ感、ムカムカ感、後味の悪さはここ最近観た映画・DVDの中でピカイチ(とはいえ、何となく最後は想像できていましたが・・・)。
スタッフロールを見ながら、しばらくの間フニャっとしていました。奥様からは「こんなDVD見せやがって!サイテー!」と罵声を浴びせられました。「爽快感」とは真逆に位置する感情。なんだろ、これ。
・・・と文句ばっかり書きましたが、画面を見ながら口に手を当てて「うわっ」と言ってしまうくらいドキドキするシーンもあるなど、スリリングな展開で終盤まではとても面白いんですよ。りんたろう君も興奮していたのか、お腹の中で暴れていたそうです(笑)
ただ、序盤から終盤までの色々な伏線が最後にまとめて脱力感に変わるというのが個人的に「すごい!」映画なんです。
気持ち悪いのが平気な方で、かつ2時間費やした後に脱力しても私を非難しない方は是非観てください。脱力感を共有しましょうよ(^_-)-☆
※結局何が言いたかったんだろうなぁ、この映画。「人間が一番怖い」ってこともありそうだけど、それより「最後まであきらめるな」ってことなのかなぁ~
以上、今日は珍しくエンタメ系でした。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)