ニューヨークレポート

連休を利用して、ニューヨークへ来ています!

081124自由の女神

・・・というのはウソです。出産のため、実家に行っている奥様の様子を見に青森に来ているのでした。最初の写真は奥様のふるさと、青森県南部地方(おいらせ町)で祀られている(うそ)、自由の女神のももちゃんです。

この自由の女神、製作のきっかけは同町とニューヨークが同緯度であるから。北緯40度40分の「4」の数字にこだわり、本家の4分の1の大きさで建立したそうです。高さは本体11.5メートル、台座9.3メートルで合わせて20.8メートル。制作費は竹下登内閣時代のふるさと創生資金(懐かしい!)だそうです。

ちなみに材質はFRPですが、かつて腕が折れたこともあるとか(写真は修復後)。また、地元では心霊スポットとして有名らしいです(笑)

wikipediaによると、自由の女神のレプリカが設置されているのはパリ、ラスベガス、お台場、そしておいらせ町。本物を除けばこの4カ所でしか見ることができないとすると、非常に貴重な存在です。是非みなさま遊びに行ってみてください。

せっかくの3連休なので、長男実家の弘前まで足を伸ばし、雪の重みで折れてしまったりんごの樹の写真やら、市場でりんごがセリにかけられている様子の写真やら、もんじろうの動画撮影やらを実施する計画だったのですが、奥様に早産の可能性があるとの診断結果が出ており、心配なのでおいらせ町に留まることにしました。

ということで、今回はおいらせ町~十和田市周辺の観光スポットをご紹介。

まずは冒頭の自由の女神「ももちゃん」ですね。
周辺はジョギングコースやものすごく長い滑り台などがあり、小さいお子様がいると楽しめるかもしれません。

続いては大山将棋記念館。

081124大石記念館1

奥様の実家周辺は将棋の町として有名でして、立派な記念館が建てられています。

館内には、故大山康晴十五世名人に関わりのある数々の資料が展示されている他、多数の将棋盤が並べられており、自由に使用することが可能で、指導員の方もいらっしゃる?など、将棋を行うための環境が整っています。

イベントとしては、人間が将棋の駒になって対戦する「人間将棋大会」が有名です。

大山名人は岡山県倉敷市出身の方ですが、将棋の普及活動に非常に熱心だったそうです。特においらせ町(当時百石町)においては精力的に普及活動をなさったそうで、同町は名人の熱意により「将棋を通じた町づくり」に乗り出したそうです。名人は同町の名誉町民でもあります。

まもなくクリスマスということもあり、大山先生もクリスマスムード全開でした。

081124大山名人2

大山名人こけしもいましたよ。かわいい(笑)

081124大山名人3

<後編に続く>

(番外)
地方の観光スポットとして外せないのは、やっぱりジャスコですね!(「観光」という表現は正しくないかもしれませんが)

地方でショッピングと言えばジャスコ!というくらいの鉄板ぶりですが、イオンモール下田は53,277m2(商業施設面積)という広さ。こんなに広く作らなくても・・・というくらい気がしないでもありません。昔は観覧車も回っていましたが、最近は風車に変わっていました。さすが樹を植えているイオンはエコですねぇ。

初めて奥様のご両親のもとへご挨拶に行く際、心の準備のためジャスコのゲーセンの変な乗り物の上で時間を潰したこともいい思い出です(笑)


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)