スランプ

草野球のシーズンがはじまりました。
長男は、会社の草野球チームで5番センターで頑張っています。

センターというポジションは広い守備範囲を要求されるため、足が速い人が守るのが一般的です。

自慢じゃないですが長男は足が遅いのです。最近、陸上あがりの足が速い後輩に、「長男さん、そろそろセンター明け渡してくださいよ」的なことを言われています。全く生意気な後輩です。

足の遅さをアピールできるエピソードも豊富です。

割と最近のものだと、先週の公式戦試合前のアップの時に、「誰がうちのチームで一番足が遅いか競争しようぜ!」的な挑戦を、これまたチームで足が遅いと評判の先輩に挑まれました。このような挑戦状をたたきつけられてしまうくらい、”長男君は足が遅い”と思われているわけです。

後輩の、”高校時代野球をやってたけど、最近ご飯を食べ過ぎてめっきり体が重たくなっちゃいまして”君も含め、3人で50mの距離を競走しました。大の大人が何を・・・と思われてしまいそうですが、最遅という不名誉な称号を避けたいと思う気持ちは同じのようで、3人とも大人げなく全力疾走、かなりエキサイトしました!

そして・・・・・・・・長男はこの戦いに勝利しました。

これまで「長男くん、もう少し速く走れないの?」的なことを言っていた先輩は、その日からその手の話題を持ち出さなくなりました。思い知ったか!わっはっは。

・・・途中から話の趣旨が変わってしまいましたが、要は、こんな感じで楽しく野球やってます!という話です(鈍足3人組の競争の話だけで、全然野球の話じゃありませんでしたが)。

そんな野球好きとして、最近のWBCは仕事をサボってでもテレビ観戦したくなるくらいの大きな関心事です。仕事中、気づけば”スポーツナビ”のサイトの更新ボタンをクリックしている自分がいます・・・。

試合観戦中は、エラーした選手や、調子が悪い選手に自分を重ねて感情移入してしまうことが多いですね。

先日の日本VSキューバなんかは、小笠原が打ったセンター後方の大飛球をキューバのセスペデスが落球した時、自分の草野球での2エラーを重ねていましたし、イチローの打撃不振も、自分の最近の打撃不振を重ねて(我ながら「何様?」 笑)しまい、心から応援していました。

それだけに、イチローの天国・地獄発言にはウルっときましたね。

「よし、俺も!」と会社の帰りに素振り用のバットを買ってしまいましたよ。我ながらアホだなぁと思いました。

と、結局草野球の話とWBCの話がゴチャゴチャでしたが、頑張れ!日本!

♪ : Instant Karma / U2
■ : 阿里山烏龍茶


URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. posted by さんなん

    一番最近の試合では三塁を守ってました三男です。
    日本勝ったけど、次はまた韓国ですなー。もういいって。笑
    それよりも村田早く治ってくれー(・∀・;)

  2. posted by yoshi

    今日のアメリカ戦の勝利は、仕事中オフィスを抜け出して献血へ行くくらいエキサイトしてたよ。だけど、明日の韓国戦に勝たないと、まるで意味が無いよねぇ。
    そうそう、隣で献血していたおっさんが献血のお姉さんに「イチローどうでしたか?」と聞かれて「あいつは今日も全然ダメよ~。また意味分からんところでヒット打ってたけど~」みたいなことを言っていた。
    腹がたったので、終盤ダメ押しの1点に繋がった貴重で芸術的なヒットであり、断じて”意味分からんヒット”ではないと訂正しといた(笑)
    ちょっと打てなくなった途端、批判的なことを言うヤツが増えるのは悲しいねぇ。。。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)