インドでりんご

カレーとタージマハルの国という印象しか持っていなかったインドに住んで、早3ヶ月。
早とか書きながら、もう1年くらいいたような気がするくらい、インドに来たのはずいぶん昔のような気がしているのですが、あれ?まだ3ヶ月なんだ。

今回は食べ物の話。

正直なところ、あまり食べ物が美味しそうなイメージを持っていませんでしたが、インドの野菜、果物は美味しいです。
あと、鶏肉も美味しい。メイドさんがどこかのマーケットから買ってきてくれる白身魚も美味しい(どこの海or川から水揚げされたものかはちょっと勇気が足りなくて聞いていない)。

でも、豚肉は美味しくない。固くてちょっとにおうかな。。。
ミンチにして、香辛料混ぜると問題無い。スパイシーコロッケとか、インドの天ぷらみたいな料理のパコラだと大丈夫。

パコラ
ある日の夕食:右上のイカメンチみたいなのがパコラ。
我が家で貴重なレトルト豚汁は、メイドさんが味噌入れ忘れてお湯味でした・・・。

あと、りんごは海外に良くある小玉のりんごが売ってます。
でも、赤いのは美味しくない。日本のりんごを暖かいところにしばらく置いておくと味が抜けてサクサク感も無くなってイモみたいなりんごになりますが、あんな感じ。
青いりんごはそこそこ美味しい。ちょっと酸味があって、サクサクしてる。
まぁこの辺は好みの問題なのかも。。。インドの人達は、私にはちょっと・・・な赤いりんご美味しそうに食べてます。

ところで、インドは自国でもりんごの生産をしています。年間生産量は200万トンくらいで、それほど多くないようです(カシミール地方など北部の地域が有名らしく、いつか行ってみたいと思ってます)。多くのりんごは、米国や中国から輸入しているそうです。

ただ、ITや自動車、インドではトラクターでも有名なマヒンドラが、インドでは初となる国産ブランドのりんごを11月から販売してます。サボロ(Saboro)という名前で、スペイン語で「美味しい」という意味だそうです。インドでは、輸入りんごは大体1kg:200Rs(今は掛ける1.7で円になります)くらいで売られていますが、これよりも安い設定価格で販売とのこと。インド国内にも良いりんごがあることを知らしめたい!のだそうで、立派だなぁと思いました。

私の近所のオーガニック系マーケットでも販売らしいのですが、まだ見かけてません。。。見たら食べてみようと思います。

下の写真のようなオーガニック系マーケットはやや高いですが、道ばたのリヤカー野菜・果物は安いです。インド人にはちゃんと秤を使って売ってくれるのに、日本人には急に言い値で高く売ろうとするので面倒ですが・・・。

近所のオーガニック系マーケット
近所にあるオーガニック系マーケット

インドではタマネギの値段がインフレのニュースと一緒によく登場します。
一般的には、タマネギは1kg:40Rsですが、選挙前とかになると値上がったりするようで、この前80Rsを突破していました。
そうすると庶民の不満が爆発して、ちょっと前にはタマネギを巡った人殺しもありましたし、12月にはチキン料理の付け合わせ出だされる輪切りタマネギ(インドではよく見かけます)が1皿しか提供されない!とけんかになったり。。。

こんなけんかをしていながら、一方でインドは年間1,330億Rs相当の農産物の廃棄をしているという話もあります。

この辺はまた次の機会に!

<豆データ>
データで見るりんご:国内・世界の生産量(出典:青森県庁)

国内生産量(平成22年度:79万トン) うち、
1.青森県:45万トン
2.長野県:14万トン
3.岩手県: 5万トン

世界の生産量(平成21年度:7,129万トン) うち、
1. 中国:3,168万トン
2. 米国: 452万トン
3.トルコ: 278万トン

8.インド: 180万トン(平成24年のインド国内統計では約200万トンに上昇)


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)