コブレンツ(アンコーヒーゼリー)

コブレンツ (Koblenz) とはドイツ連邦共和国ラインラント=プファルツ州に属する都市で、人口は約 10 万人、モーゼル川とライン川の合流点に位置し、河川交通の要衝で・・・・・・はなく、ケーニヒス・クローネのデザートの話です。

コブレンツ

手前がコブレンツ、奥は奥様のショートケーキカップ

モノはコーヒーゼリー+小豆+白玉。普通の人はスルーしそうな組み合わせですが、コーヒーゼリー好きで小豆好きで白玉好きな母親のDNAが買え!買え!とうるさく、おもしろ半分で買ってしまいました。

食べてみたら、意外とおいしくてビックリ!コーヒーゼリーのホロ苦感と小豆の甘さの組み合わせがとても良く、更にはコーヒーゼリーと白玉というちょっと(だいぶ?)下手感漂う組み合わせも、違和感なくツルッと食べられました。

結構外れ前提で買ったので、戯れにスクラッチカード買ったら3,000円当たったよ!的なうれしい気持ちになりました。コーヒーゼリーと小豆の相性なんて、二十数年間考えたこともないですが、思いついた人すごいなぁと。万人受けはしなそうですが。。。

と、今日も特に中身がないエントリーですが(笑)、ちょっと「おおっ!」と思ったことをついつい書いてしまいました。
お店でコブレンツを見かけて、「食べたいけど、買ったら後悔しそう・・・」と思われたことがある方の背中を押すきっかけになれば幸いです。

でも、なんでコブレンツて名前なんでしょうね・・・。
コーヒーゼリーと小豆が混じっているところを、モーゼル川とライン川が合流するコブレンツに掛けてるんですかね~。


冒頭の文章はwikipediaから引用しました。


URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. やさしーだんなはんだねーっ。
    昔バイトしてた京都のホテルのラウンジでコーヒーぜんざいだしてたど。(コーヒーゼリーにあずきかけてアイス載せる)
    あとコーヒーとあずき、マーガリンとあずき、ほいっぷとあずきは名古屋圏では普通ぽ。B級ぽ!

  2. posted by yoshi

    マーガリンとあずき、ホイップとあずきはあるなぁと思っていたけど(結構好き 笑)、コーヒーとあずきは知らんかった。。。
    意外とポピュラーなんですね。
    今度名古屋に行った時に探索してきます(^^)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)