細木数子カレーを食べつつ感傷的に過ごす夜

長男です。

お正月休暇が終了した時点からずっと楽しみにしていた一週間の青森帰省が終わり、昨夜横浜へ戻ってきました。

日曜の今日は、家でしょんぼりしています。
が、しょんぼりしていてもお腹はすくので、カレーを作っています。
煮込み時間の合間を縫って、久しぶりのブログ更新です。

帰省中に色々ありまして、

  • ジュールのラベル作成を、家のエプソンプリンターではなく印刷業者さんに発注することにしました。これで冷蔵庫に入れてもりんご君が色にじみすることはなくなるはずです(^。^;)
  • 春に香港テレビ局に取材された時の映像が放送されたらしく、ありがたいことに問い合わせがたくさんきました。実家にいる間中メールの対応をしていたので、「何しに帰ってきたの?」と思われたかも(-_-;)
  • 子供がハイハイをするようになりました。
  • 子供がバイバイをするようになりました。

 
香港からの問い合わせの中には、直接現地に来たいという方も何人かいまして、くどう果樹園の語学力が試されることになりそうです(笑)

くどう果樹園訪問希望者の中には、ありがたいことに横浜にも寄ってくれるという方もおり、新しい出会いの機会を楽しみにしていたりします(^^)

それにしても世の中どう展開するかわからないなぁという感じで、何気なく作ったホームページのおかげで海外の方とやりとりをすることになるとは思ってもいませんでした。

今後もコツコツ、本業の時間外活動としてサイトの充実を図っていきたいと思います。

香港テレビ取材の様子

香港の親切な方が、放送の様子を教えてくださいました。

ちなみに話は変わってカレーですが、ネットで適当に検索して見つけた細木数子カレーというものに挑戦しています。

  • 野菜を大きく切る
  • 野菜と肉にしっかり下味をつける
  • 日本酒を入れる
  • 牛乳を入れる
  • ごはんは立ち盛りにする 

というのがポイントらしいです。

まず野菜ですが、本当にこんなに大きくて良いのだろうかとちょっと心配しながら、フライパンで炒めました。

野菜がこんなに大きなカレーちなみに、フライパンでカレーを作っている理由は、そこにフライパンがあったからです(ジョージ・マロリーの「Because it is there.」風に)。

「そこってどこだ!?」というツッコミに対しては、「ガス台の上です。」と答えます。
彼(フライパンのマーブル君)は、帰省している1週間、ずっとガス台の上で我が家を見守っていてくれました。

そうです。長男は片付けが苦手です(;´Д`)

お、なんとか野菜に火が通ったようです。
ここでポイントにも挙げられていた日本酒投入~

日本酒は、うちのばーちゃんがお土産で買ってきてくれた花爛漫小町を使用。
料理に使うのはもったいないですが、下戸なので・・・。ちょっと使わせてもらいました。

その後水を加えるタイミングで、具の量を間違えたことに気づきましたが、気にせず煮込みます。

最後に牛乳を加えて出来上がり!

細木数子カレーその2写真の腕が悪くて、こだわりの立ち盛りご飯がよく分からない感じですね。標高9cmくらいにしたのに。味は普通に美味しかったです。

これでしばらく飢えずに済みそうです・・・が、具の量が多すぎたので、将来的にはカレー肉じゃがとして食すことになりそうです。ルーが全然無い・・・

※そうそう、まだ独身生活継続中なのです(^^)


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)